オービタルフレーム・アヌビス



Orbital frame ANUBIS Orbital frame ANUBIS

 PS2ゲーム「ANUBIS Z.O.E.」に登場、オービタルフレーム・アヌビスです。

 プラ板・ポリパテ(途中からエポキシパテに変更)などでスクラッチビルドしたもので、全身にポリキャップ・ボールジョイントを仕込んであり一応可動します。特に腕を組んだポーズを可能にするため、肩と肘の自由度は高いですが、逆に脚はそれほど動きません。

 背部ウィスプは基部で可動と着脱を行うようにしてあるので、フェイク・アヌビスにもなります。

Orbital frame ANUBIS Orbital frame ANUBIS

 作った当初はプラ板工作を基幹にして、曲面をポリパテにて造形していたのですが、事後変形と剥離が起こってしまったため全箇所をエポキシパテで作り直す羽目になりました。また極力頑丈に作るために可動箇所を中心に金属パーツを入れていること、関節部分・特にボールジョイントは後で入れ換えが出来るよう取り外し式にしてあります。

 背部ウィスプは基部にポリキャップを仕込んであり、接続アーム(実際はフローティングしておりエネルギーラインのみ見える)は透明塩ビ板で作ってあります。透明度の点からするとアクリル樹脂が良いんだけど、強度に不安があったので(PET樹脂でも良かったかしら?)。

Orbital frame ANUBIS Orbital frame ANUBIS

 背部ウィスプはプラ板工作で作った原型を型取り→レジンキャスト複製して6基そろえました。両前腕の攻撃用ウィスプも同様です。

 右手に持っているウアス・ロッドはアルミ管その他から作ったもので、手は独特のデザインということもあって、どうやって杖を持っているのか判らなかった(きっとベクタートラップで保持しているんだろう)ため、手首辺りに2mmのポリキャップを仕込んで固定してあります。

Orbital frame ANUBIS Orbital frame ANUBIS


戻る