R-100 "CurtainCall"

R-100 Cartain-Call

”戦闘体バイドを制するにはバイドをもってのみ”とする思想はRシリーズの開発・配備と運用が進むにつれ次第に先鋭化し、ついには捕獲・保管したバイドそのものの複製と既存の兵器体系への導入・融合も公然と行なわれるようになっていた。これと同時に、それらオーバーテクノロジー含む戦闘技術の継承と永続化も希求されるようになっていたが、22世紀中庸より終わることなく続く対バイド戦闘がもたらす恐怖を考えれば然程意外とは思われない。

 Rシリーズの技術継承というこの目的を容れ、R-99の完成後さらに追加する形で組み上げられたのが本機体R−100(形式名Rwf-100)コードネーム「カーテンコール」で、それまでのRシリーズに於ける各種機構を凝縮・機体各部に配すると同時に、メインフレーム自体の構造にもそれ以前の機体の特徴をモザイク状に取り入れるような独特の設計が行われている。

 これは機体自体の構造と付随するシステムを解析することによって将来的にも同系・同種の兵器群を再構築することが出来るよう配慮されたために他ならず、リバースエンジニアリングの素体とすること自体が機体の存在意義であり目的として「戦闘」は含まれていないとする言及すらあるが、後述するようにR-99とは別系統の各種戦闘用装備が施された本機体も歴とした実戦機である。

R-100 Cartain-Call

 R-99で完成したフォース・デバイスをはじめとする兵装完全互換性能も当然のことながら引き継がれているが、ラスト・ダンサーにおける高い汎用性を充足させつつ極限まで機体をコンパクトにするという設計方針とは異なり、機内装備・特に兵器制御系統は複数・多重化されたそれの搭載が基本とされており、重量・容積の増大は来たしているものの既存技術の延長上にあるシステムによりこれを構築しているという点では「究極の互換性」という要求への、R-99とは別の回答とみなすこともできる。 

 構造的には機首部分にコクピット(※その長大なキャノピーには既存のRシリーズ全種の構造・設計基が分子レベルで封入されているとする言及もあるが、そのような事実は無い)、その後部のパワープラントはスタンダードなR-9系統の機体とは異なり単機で、出力系のレイアウトとしてはR-9A2に起源を持ちウォーレリック製のR-13シリーズで完成した、極限まで合理化と省容積化を果したメインフレームに出力重量比の極めて高いザイオング慣性制御/重力推進器単基を組み合わせる設計が行なわれている。
 2基が搭載されている補機も同様に機体後下部に配置されているが、本機体ではその基幹部分がアタッチメント化されており、中〜長距離巡航用のドライバシステムとの換装が可能で、設備の乏しい前線や母艦内でもその作業は容易である(最終機体シリーズはその主機関においても同様の設計が行われている)。

R-100 Cartain-Call

 左右胴体のユニットは兵装制御・管制用システムにその多くの部分が占められており、汎用戦闘目的に特化したR-99では搭載が見送られた異層次元各界面での並列連動戦闘・制御デバイス(一定レベル以上のバイドを完全に殲滅するためには必須となる)も極めて強力なものが搭載され、外見的な特徴として連接用ニードル5×2本を持つ。
 機体下部には弾体の発生・誘導機構を変更することで種々の弾種を打ち分けることが出来る波動砲が装備されている。バレルを電磁的に延長/変形して機能拡張を実現しているR-99とは異なり実体砲身を持つため、特に圧縮波動砲に対応する長砲身・大型の砲を持つ。同軸砲は同様に超高速電磁レールキャノンを搭載。

R-100 Cartain-Call
R-100 Cartain-Call

ディメンション:全長 22.3m 全幅 12.24m 全高 10.8m
        空虚重量31.4.t 戦闘重量38.2t
ドライブモーター:ザイオング慣性制御機関/重力推進器 主機×1 補機×2
固定武装:波動砲×1 超高速電磁レールキャノン×1
     特殊兵装・ドースウェポン(詳細不明)
搭載武装:次元兵装・フォースデバイス×1 ビット・システム×2 左右兵装架に対空/対地ミサイル、爆雷など



 PS2のゲーム「R−TYPE FINAL」の自機・R戦闘機シリーズの最終機体Ver.2です。↓はゲームの発売当時(だいぶ以前ですが…)に作った物で、モデルの全長は約10cm。

R-100
R-100
R-100
R-100
R-100
R-100


 2016年に新造したのがこちら↓。1/144スケールのガレージキットとして作りました。ゲームCGからややアレンジを加えてある全体形はそのままとしてディテールを追加。

R-100 Cartain-Call
R-100 Cartain-Call
R-100 Cartain-Call
R-100 Cartain-Call
R-100 Cartain-Call
R-100 Cartain-Call
R-100 Cartain-Call