R-101 "Grand Finale"

R-101

 究極の互換性――R‐99(あらゆる戦場で常にバイドに勝利せよ)、遺伝子の継承――R‐100(将来的なRシリーズの再生)、という段階に至って、R戦闘機開発計画は完遂したかのように見えた。が、Rシリーズの存続というコンセプトはさらなる進化を遂げ、ついに最終・究極の名を冠するに相応しい「禁忌」とまで呼べる機体を開発するに至った。

 すなわち、「不滅」の機体の開発である。


   R‐101・コードネーム「グランドフィナーレ」は、22世紀初頭から始まったR戦闘機開発の終局に位置する機体である。
 設計自体は戦闘力と同時に汎用性と生存性をも重視するRシリーズの基本に則って行われており、R‐99以降の兵装完全互換性能も受け継がれている。しかし本機体R‐101では、さらに構造材料のレベルで全く新しい技術が使われており、フレーム・機関・兵装や電子装置など、機体を構成する全ての要素に関して形態と機能の維持・及び自己修復機能を持たせることに成功した。
 在来のB系統機体では、各種のバイド因子を導入した素材によって主に装甲材料の自己修復性能を有していたわけであるが、本機体R‐101開発の基礎となったのはフレームから制御系・装甲に至るまで全要素について恒常性の維持/自己修復性能と、これと直結したフォースの持つ次元操作特性を応用した相転移エネルギー利用・永久機関である。

 この技術によって、もはや本機体R‐101が破壊されることは無く、戦闘による損傷は勿論の事として、経時的/経年的な磨耗・破損や故障とも縁は無い、文字通り不滅の戦闘体と言える。

 構造レベルで形態維持・エネルギーの生成を行うR‐101に於いてはもはや独立したエンジンは必要ではなく、また推進/機体制御系統に付いても機全体での慣性制御を行うため、外部から視認できるスラスターの類いは全く認められない(構造材料そのものがフォース特性及びザイオング慣性制御機関の機能を持っている)。また機体の設計基は構造材料そのものを媒体として記述されており、機体の一部分でも残存していればそこから再生が可能。

 武装に関しても、フォースデバイス同様のエネルギー変換機能を用いており、特定の固定兵装や射出孔の類は無い。

R-101
R-101

 PS2のゲーム「R−TYPE FINAL」の自機・R戦闘機シリーズの最終機体Ver.3です。以前にもワンオフモデルを作ったのですが12年ぶりにアップデート。
 全体のバランスはワンオフのそれと同一にして、細部は作り込む形に。
 1/144スケールで、ニードルを含む全長170mm。

 プラ板工作による原型をレジンキャスト複製。コクピット含む細部は暫定なので、もう少し改修することになると思います。

R-101
R-101
R-101
R-101
R-101
R-101
R-101
R-101
R-101
R-101
R-101
R-101

 ↓手前が以前作ったワンオフモデル。概形は同一としてあります。

R-101