ADFX-02 Morgan

ADFX-02

 ベルカ空軍の次期主力戦闘機として南ベルカ国営兵器産業廠が試作した大型制空/多用途戦闘機ADFX−01をクーデター組織「国境無き世界」が運用したものが本機体「Morgan」である(ADFX−02はクーデター軍による識別コードで、機体それ自体は−01と同一である)。

 BMD(弾道ミサイル防衛)レーザーシステムに端を発する光学兵器開発の分野において、95年当時のベルカは他の数歩先を行く状況にあり、空中発射レーザー装置を対空戦闘用武装として制空戦闘機に搭載するという流れも当然のものがあった(これには誘導兵器を使用したBVR戦闘よりも、WVRでの格闘戦――ドッグファイトを極端に偏重していたベルカ空軍の体質も絡んでいる)。
 本機体および後のADF−01に於いても、主力兵装は空中発射レーザー(ABL)であり、大電力を消費する重いレーザーシステムを搭載するため、試作機ADFX−01では全長23m×全幅15mの大型の機体に大口径のターボファンジェットエンジンを2基装備し、10t近いペイロードを持つ。格闘戦能力を重視するためか、大迎え角時の抵抗減少に優れる前進翼を採用しピッチ方向のコントロールにカナードを持つ平面形、双垂直尾翼など後のADFシリーズ同様の概形だが、コフィンと呼ばれる次世代型コクピットを有し、レーザー砲架などの兵装を機内に収容するFALKENとはその基本構造からして異なる機体であり、各種武装の機上に於ける動作確認・試験運用などを目的としたテストベッドとしての性格が強い。しかし同時に、特に戦場での兵装試用を意識した本機体では、レーダー火器管制装置を始めとする各種の実戦用装備が完備され、ベルカ空軍にて使われているほとんどの制空戦闘機用武装の運用能力を有している点に於いても異質なテスト機体と言える。

ADFX-02

 胴体後上部にアダプターを介して設置されているのがABLで、本機体では戦術レーザーシステム・TLSと呼称される。以降のレーザー装置と同様の高出力の化学レーザーが搭載されており、レーダーFCSと連動して機体前上方象限に追尾・照射が可能だが、ADFX−01に於いてはあくまでも視程内戦闘に用いる短距離用武装であるため、後にADF−01「FALKEN」に搭載されたSLS(戦略レーザーシステム)が有する長射程のための波長変更機能は持っていない。

ADFX-02
ADFX-02

 他武装として、右側LEX部に30mm機関砲1門と、主翼下に各2箇所のハードポイントを有する。また本機体に於いて試用された兵器として多用途炸裂弾頭ミサイルがあり、これはサーモバリック/実体弾兵器を組み合わせた特殊弾頭を有し、気化燃料と同時に小型散弾を瞬間的に放出・点火することで危害範囲内の航空機やソフトターゲットを破壊することが可能な阻止攻撃用兵装である。

 さらにADFX-02特有の装備として、持ち前の大電力を利用する専用のECMポッドがあり、短距離であれば敵機の電子装置を無力化する程の出力を持つと言われる。

ADFX-02

 前述のように、ADFX−02はクーデター組織「国境無き世界」によって実戦投入がなされており、1995年12月31日に起きたベルカ公国北部・アヴァロンダム要塞攻防戦にてその姿が目撃されている。
 この戦闘で同機は撃墜されたが、その残骸はいずこかへ持ち去られているため、機体のその後については判っていない。

ADFX-02
ADFX-02

 「ACE COMBAT ZERO THE BELKAN WAR」に登場する敵機ADFX−02 Morganです。別頁・FALKENのガレージキットを改造して製作。

 主翼と胴体中央部はFALKENとほぼ同一形状ですが(翼端は3mm弱ほど延長、何となく)、それ以外の箇所はわりと違うため新造。機首周りには同じく余っていたX−02のパーツを使用しました。ADF−01よりやや古めの機体という設定なので、オーバースケールではありますが表面のリベットを目立たせてみました。

ADFX-02
ADFX-02
ADFX-02

 機外兵装は戦術レーザー/多用途炸裂弾頭ミサイル/空対空ミサイルを全種搭載することにし、それぞれプラ材・ジャンクパーツなどから成形。

 塗装はやはりラリー“Pixy”フォルク機で。デカールはウェーブ製のXデカール(ややオーバースケールだけど)から適当なものを貼付。

ADFX-02
ADFX-02