要撃戦闘機 Σignal Sz-112(-14)

Σignal Sz-112

 ジェット/電磁加速によるハイブリッド推進機関であるQ.E.L.T.アクセラレータを搭載する迎撃機・Ci-44であったものの、当初期待されたほどの性能を発揮できなかったこと(そのためリエンジンされCiR-441として再設計されたのは別項のとおり)に加え、そもそも想定より製造・運用ともに高コストなため、コンベンショナルなターボジェットエンジン+加速/上昇用の液体ロケットモーターによる複合推進システムを持った小型・軽量の戦闘機が要求されたことから新たに設計製造されたのがΣignal Sz-112であり、そのうち電子脳/自律戦闘システムを搭載する無人戦闘型が本機体112-14(“ダッシュ14”)である。

 機体は小型化されているものの、高高度に於ける超音速域での機動戦闘を目的とすることに変わりはなく、Ciと同様の擬似慣性制御機関搭載が前提となっているとは言えこれも小型・低出力とせざるを得ないため、後退翼+前進翼による環状翼型とすることで重量を抑えつつ機体剛性と耐荷重性能は高いものとしており、さらに下翼をピボットに上翼全体を捻るように可動させる動翼システムによって、主翼全体を舵面として使うことで希薄な成層圏大気中でも機動を可能とするCi-44と同様の機体制御システムを取り入れつつ主翼の軽量化も図っている。

Σignal Sz-112

 電子脳システムは胴体後部上に搭載されポッド式となっているため容易に換装して有人型としての運用も可能だが、超音速領域の高機動格闘戦闘を担う本型に於いては無人戦闘型が基本となる。
 固定武装は機首に搭載する18.5mm電磁投射砲1門(機首のスリットはその冷却システム)、電子頭脳ポッド前部には波長可変式の液体レーザー1門、下翼にハードポイント計8箇所を有し高速AAMステーションとなっている他、上翼上面に増槽(ペイロード・レンジの小さい本型では必須)専用のポイント各1ヵ所を持つ。
 加速・上昇および機動時に使用する液体ロケットモーターは胴体後部左右の専用レールに各1基を接続することが可能。

Σignal Sz-112
Σignal Sz-112

 オリジナルの要撃戦闘機です。

 別項のCi-44とその派生型とは違った系統の機体を作りたかったので、最初から通常動力の搭載を前提として、その為により小型・軽量の機体となるようデザインしたもの。

 1/100スケールで全長170mmほど。

Σignal Sz-112
Σignal Sz-112
Σignal Sz-112
Σignal Sz-112
Σignal Sz-112
Σignal Sz-112
Σignal Sz-112
Σignal Sz-112
Σignal Sz-112